多忙期は要注意

引っ越しの多忙期は特に、予約が取りにくく、思ったように引っ越し依頼をすることが出来ないケースも少なくありません。引っ越しの依頼を多忙期にしないといけない場合は、このようなことに注意をしましょう。

まず多忙期の場合、業者によっては人手が足りず、作業員を一人から二人という最低人数で行うケースもあります。その為自然と家主が駆り出されたり、家具を粗雑に扱われるケースが少なくありません。余計な労働、家具を守るためには、ある程度きちんとした業者に依頼をして、依頼の際に作業人数を聞くことが大切です。家具の重さや内容を事前に伝えておくことで、通常であれば業者側が、必要人数を派遣してくれるでしょう。

次に、予約が取りにくいのももちろんですが、せっかく予約をとっても、前の引っ越しが押して、予約した時間に来ないという可能性があります。引っ越しの際には出来るだけ一日中空けておいて、万が一の際に備えましょう。多忙期は特に、色んな場所で引っ越しが行われていますので、道路も渋滞しやすく、スケジュール通りに物事が運ばないことも少なくありません。

卒業シーズンや入学シーズン、お盆や夏休み、冬休みなどの長期休みシーズン、ゴールデンウイークなど、多忙期に入りやすいので注意が必要です。