自力で引っ越しに注意

引っ越しの料金を抑えるために、自力で引っ越しに挑戦をするという方も少なくありません。友人などを呼んで荷物の運搬を手伝ってもらい、引っ越しを簡易的に行うという方法ですが、こちらの場合は、以下のトラブルが起きないように気を付けましょう。

まず、運搬の際に家具を壊されても、文句を言えないということです。引っ越し業者の場合は、万が一家具が壊れた際に、保証をしてもらえ、新しい家具と交換、修理などをしてもらうことが出来ます。ですが、友人に頼んでいる場合はそんなことは出来ません。あくまで自己責任ですので、多少家具が壊れる覚悟をしておかなければいけないでしょう。家具だけではなく同じように、小物や食器など、引っ越しで運び出す荷物すべてに同じことが言えます。

次に、荷物搬入の際に、引っ越し業者の車と違って、一般の車が長時間停止している場合。レッカー移動をされてしまう場合もありますので、駐停車スペースに非常に気をつけなければいけないでしょう。事前に届け出をしないといけない場合もありますので、届け出を忘れると、大家さんや住人とトラブルになる恐れがあります。自力で引っ越しはこのように、届け出類も細かく配慮しないといけないのが面倒な点でしょう。