物件選びは慎重に

引っ越しをする際にはまず物件選びから行われますが、この物件選びの時点で様々なことを考えておかないと、引っ越しが失敗する恐れがあります。引っ越し重視で物件を選ぶ必要はありませんが、搬入経路や方法などは最低限考えておかないといけないでしょう。

例えば引っ越しの際に、トラックなどに荷物を積み込み、荷物の運び出しをする必要がありますが、道路によっては注意が必要です。住宅の前に車を止めておくだけのスペースがない、そもそもトラックが入れるスペースが無いという場合は、事前に業者に伝え、相談をする必要があるでしょう。業者は引っ越しのプロですので、事前にいわれておけば、対策をきちんと考えて、スムーズに引っ越しを進めることが可能になります。

また、荷物を部屋に入れる際や部屋から出す際には、当然、ドアから家具などを運び入れますが、ドアのサイズが小さいと、家具を運び入れることが出来ません。また、エレベーターや階段などの移動手段の時点で家具が入らないと、もうどうしようもないでしょう。こちらも事前に相談をしておくことで、必要に応じて窓から搬入、一度家具を分解して搬入などの対策を取ることが出来ますので、依頼時に相談を忘れてはいけません。