自力で引っ越しに注意

引越しの料金を抑えるために、自力で引っ越しに挑戦をするという方も少なくありません。友人などを呼んで荷物の運搬を手伝ってもらい、引っ越しを簡易的に行うという方法ですが、こちらの場合は、以下のトラブルが起きないように気を付けましょう。

まず、運搬の際に家具を壊されても、文句を言えないということです。引越し業者の場合は、万が一家具が壊れた際に、保証をしてもらえ、新しい家具と交換、修理などをしてもらうことが出来ます。ですが、友人に頼んでいる場合はそんなことは出来ません。あくまで自己責任ですので、多少家具が壊れる覚悟をしておかなければいけないでしょう。家具だけではなく同じように、小物や食器など、引っ越しで運び出す荷物すべてに同じことが言えます。

次に、荷物搬入の際に、引っ越し業者の車と違って、一般の車が長時間停止している場合。レッカー移動をされてしまう場合もありますので、駐停車スペースに非常に気をつけなければいけないでしょう。事前に届け出をしないといけない場合もありますので、届け出を忘れると、大家さんや住人とトラブルになる恐れがあります。自力で引っ越しはこのように、届け出類も細かく配慮しないといけないのが面倒な点でしょう。

物件選びは慎重に

引越しをする際にはまず物件選びから行われますが、この物件選びの時点で様々なことを考えておかないと、引っ越しが失敗する恐れがあります。引越し重視で物件を選ぶ必要はありませんが、搬入経路や方法などは最低限考えておかないといけないでしょう。

例えば引っ越しの際に、トラックなどに荷物を積み込み、荷物の運び出しをする必要がありますが、道路によっては注意が必要です。住宅の前に車を止めておくだけのスペースがない、そもそもトラックが入れるスペースが無いという場合は、事前に業者に伝え、相談をする必要があるでしょう。業者は引越しのプロですので、事前にいわれておけば、対策をきちんと考えて、スムーズに引越しを進めることが可能になります。

また、荷物を部屋に入れる際や部屋から出す際には、当然、ドアから家具などを運び入れますが、ドアのサイズが小さいと、家具を運び入れることが出来ません。また、エレベーターや階段などの移動手段の時点で家具が入らないと、もうどうしようもないでしょう。こちらも事前に相談をしておくことで、必要に応じて窓から搬入、一度家具を分解して搬入などの対策を取ることが出来ますので、依頼時に相談を忘れてはいけません。

多忙期は要注意

引越しの多忙期は特に、予約が取りにくく、思ったように引越し依頼をすることが出来ないケースも少なくありません。引越しの依頼を多忙期にしないといけない場合は、このようなことに注意をしましょう。

まず多忙期の場合、業者によっては人手が足りず、作業員を一人から二人という最低人数で行うケースもあります。その為自然と家主が駆り出されたり、家具を粗雑に扱われるケースが少なくありません。余計な労働、家具を守るためには、ある程度きちんとした業者に依頼をして、依頼の際に作業人数を聞くことが大切です。家具の重さや内容を事前に伝えておくことで、通常であれば業者側が、必要人数を派遣してくれるでしょう。

次に、予約が取りにくいのももちろんですが、せっかく予約をとっても、前の引っ越しが押して、予約した時間に来ないという可能性があります。引越しの際には出来るだけ一日中空けておいて、万が一の際に備えましょう。多忙期は特に、色んな場所で引っ越しが行われていますので、道路も渋滞しやすく、スケジュール通りに物事が運ばないことも少なくありません。

卒業シーズンや入学シーズン、お盆や夏休み、冬休みなどの長期休みシーズン、ゴールデンウイークなど、多忙期に入りやすいので注意が必要です。

引越し依頼はお早めに

出張や新生活スタートに伴い、関東近郊で一人暮らしを始めるという方は少なくありません。老若男女問わずに、単身者の一人暮らしを始める際にはまず、今の家から引っ越しをする必要があるでしょう。引越しの依頼をする際には、出来るだけ早めに、業者に注文をすることが大切です。

引越し業者は数多くありますが、シーズンによっては非常に多忙で、なかなか、業者の予約を取ることが出来ない場合も少なくありません。自分の狙った日程に予約が取れず、延々と延期し続けた結果、新生活を始めるぎりぎりになってやっと引っ越しが終わったという方もいるようです。ぎりぎりに業者探しを始めると、このような事態に陥りかねませんので、早めに依頼をするようにしましょう。

また、評判が良い業者、値段が安い業者は、シーズンに限らずに依頼が困難な場合があります。特に、土日祝日など、社会人が休みを取りやすいタイミングは、非常に競争が激しく、随分先まで予約でいっぱいな場合もあるでしょう。出来るだけ質の良い業者、値段を安く済ませることが出来る業者に依頼する際にも、早めに予約を取ることが大切です。

引越しをする際には、物件選びをした際に不動産会社から、提携している業者を紹介してもらえる場合もあります。ですが、提携している業者の中には、雑な作業、余計な出費がかかるケースもありますので、おいそれと依頼をすることはあまりおすすめできません。値段と質をチェックするために、他の業者も検討しておきましょう。